口コミからミタ!見積もり前に見たい、安い引越し業者の選び方

見積もり前に見たい、安い引越し業者の選び方
安い引越し業者を見つける方法ご存知ですか。
業者を探して、見積もりをとって、そこから安い業者を比較する・・・では遅いのです!

実は安い引越し業者を探す秘訣は「見積もり前」にあるのです。

そこで今回は見積もりを取る前に知っておきたい安い引越し業者の探し方をご紹介したいと思います。

おすすめしたい!安い引越し業者を見つける方法!

「見積もり前」にしかできないことだからこそ、チャンスは逃したくありませんよね。
ぜひこれから紹介する「安い引越し業者の探し方」を参考に、満足のいく引越し業者選びをしましょう!
また引越しの金額を安くするだけでなく、営業のセールストークに惑わされない知識も併せて載せていますので、ぜひ注目してみてください。

見積もりを複数とる

見積もりを複数とる

まず引越し業者の見積もりはかならず複数取るべきです。

見積もりを複数とるということは、その時期、その条件の引越し「相場」を知るということです。

一社しか見積もりを取らないというのは、相場がわからないため比較や交渉ができない、つまり、高い費用だとしてもそのことに気づかないまま契約してしまう恐れがあるということです。

そのためよく「今決めていただくと特別お安くいたします!」といったようなセールストークをされますが、即決してしまうというのは損につながることをまず覚えておきましょう。

また「口コミからミタ!安い引越し業者の狙い目はプラン!おすすめと評判」でもお話した混載便や帰り便など安い便が利用できる確立も高まります。

大手引越し業者の場合は価格交渉も行いやすくなるため、複数業者への見積もりをとることで、契約競争からより金額を下げてもらうこともできます。

複数見積もりを取ることはメリットだらけなので絶対に複数出しましょう。

もちろん注意点もあります。
あまり業者が多すぎても同じ説明を何度もしなくてはいけないうえに、対応が疲れしてしまうので、一括見積もりを10社ほど行ったうち、だいたい3~5社、気になった業者に見積もりを取るといった形が一番ベストです。

この3~5社は口コミ上の平均値です。
さらに安い引越し業者を探すのなら、大手引越者を2社、中小引越し業者(地域密着型業者)を2社といったように大手と中小引越し業者を混ぜて見積もりを出すのがおすすめです。

本命の見積もりは最後にとる

本命の見積もりは最後にとる

ここが一番気になる、ここにしたいけど金額が気になるといった本命の引越し業者がある場合一番最後に見積もりの依頼をするようにしましょう。
というのも一番最後ということもあり、他社の中でも一番安くしてくれるといった、大幅な交渉が望めるからです。

すでにとった他社の見積もりを利用しさらに本命引越し業者で金額を安くしてもらいましょう。

引越しの希望日は言わない、幅をもたせる

幅をもたせる

可能であれば引越しの希望日を明確に決めないほうが安くなりやすいです。
明確に決めてしまうと、「その日以外では決められない」と足元を見られ、価格の交渉がしにくくなります。

またお得な混載便や帰り便などが希望なら幅を持たせたほうが見つかりやすいです。

「○月の×日から○月の△日の間で安くなる日をお願いします。」というと良いでしょう。

一つだけ注意点として時間の指定ですが、安いとされる「午後便」や「フリー便」は大幅な遅れが見込まれるので(くわしくは「口コミからミタ!安い引越し業者の狙い目はプラン!おすすめと評判」をご覧ください)夜に引越しをするのが困るといった場合は避けるべきです。

繁忙期を避ける

繁忙期を避ける

引越しの繁忙期は引越し業者によっても異なりますが、新学期や入学、入社の多い3~4月上旬と夏休み時期である7月8月、さらに転勤や異動の多い10月、年末の12月とされています。

とくに3~4月は各引越し業者が引っ張りだこの忙しさであり、金額も跳ね上がる時期です。

金額が倍になることもあるため、できる限り避けるべきです。

引越し場所の地域密着型業者を選ぶ

地域密着業者を選ぶ

安さを中心に見るのなら、中小(地域密着型)引越し業者の多くが大手引越し業者より安い金額で見積もりを提示してくれます。

もちろん対応エリアなどの条件や大手のようなオプションサービスがないため自分の引越しに合うかどうか見極めたうえで、選ぶことをおすすめします。

さらに中小引越し業者へ契約する場合は

  • 口コミが高評価
  • 引越しに関する保険にはいっている
  • 見積もりの営業マンの対応が良い

といった点はかならず確認しましょう。

荷物を減らす(不用品の買取をしてもらう)

荷物を減らし不用品回収または買取

引越しの料金に特に関わってくるのが「荷物量」です。
荷物が多ければ多いほどやはりどうしても料金は高くなってしまうため、できるだけ荷物の量は減らすようにしましょう。

引越し業者の中には不用品の買取から引越し料金を引いてくれる業者もあります。

まずは業者に相談した上で、リサイクルショップやオークションなどを利用し一番高く買い取ってくれるところはどこか、比較したうえで決めるようにしましょう。

梱包・荷積みを自分で行う

梱包・荷積みを自分で行う

中小引越し業者や「赤帽」に多いのが梱包やトラックへの積荷を自分でする、手伝うことで安くしてくれるプランです。

その中でもとくに有名なのが「赤帽」といえます。
梱包、荷造りは自分で行い、当日来る作業員と荷積みをすることが条件で、他よりも安く引越しができるため体力に自信がある方、引越しの荷物が少ない方におすすめです。

<口コミでミタ!「赤帽」の評判>

「単身引越しで利用しました。閑散期で平日だったら、だいたい1万円くらいと安い!私は過去に2回ほどお世話になっています。」

セットの契約で格安になる業者

セットの契約で格安になる業者

特定の条件をクリアすればで100円や500円で引越しができる業者もあります。
条件とは指定のネット回線契約やウォーターサーバーの導入といったもので、人によってはとてもお得です。

一見怪しいですが、安くなる仕組みも解説されていたりと、信頼できる業者もあるため、一度条件が合うかどうか問い合わせると良いでしょう。

<口コミでミタ!セットで格安になる引越し業者>

「100円引越しセンター」

  • 指定のインターネット契約
  • スマホの新規契約または乗り換え
  • ウォーターサーバーと契約
  • モバイルWi-Fiルーター契約

上記のうちいずれかとその他適用条件クリアで100円
⇒くわしくはこちらより「100円引越しセンター

「マイスター引越し」

  • 指定のインターネット契約

上記と適用条件クリアで500円
⇒くわしくはこちらより「マイスター引越し

まとめ

安い引越し業者を選ぶポイント

今回は見積もり前に見る、安い引越し業者の選び方をご紹介しました。
1つの業者に見積もりをお願いするチャンスとは基本的に「1回のみ」です。
そう考えると、いかに見積もり前の準備が大切かわかるのではないでしょうか。
ぜひ今回お話した「8つ」のポイントを参考にしてください。


ピックアップ記事

  1. 引越し業者選びと種類
    口コミからミタ!種類で決める!おすすめの引越し業者
    「引越し業者選び」というと、一昔前はタウンページのよ…

人気の記事

  1. 引越し業者最適な選び方

    口コミからミタ!後悔しない引越し業者の選び方とは?

    「口コミからミタ!種類で決める!おすすめの引越し業者」で触れたとおり、引越し業者にはそれぞれ得意…
  2. 口コミからミタ!一人暮らし、単身引越しにおすすめの引越し業者

    口コミからミタ!一人暮らし、単身引越しにおすすめの引越し業者

    大学入学や上京、転勤。一人暮らしの単身者が引越しを利用するシーンはさまざまです。…
  3. 大手引越し業者と中小引越し業者の違い

    口コミからミタ!おすすめ大手・中小引越し業者の違いや特徴

    大手引越し業者のほかにも全国には地域密着型といわれる対応エリアを限定した中小引越し業者が存在しま…